中央ヨーロッパへ写真旅するので色々まとめてみました : 荷物編


 

前回の概要編に続き、次は荷物について書いていきます 

 

まだ決定というわけではありませんが大まかな荷物はまとめてみました

もしオンボロカメラマンがどんな荷物なのか気になる人がいたら見てみてください

 

 

カメラ類

カメラに関する荷物は悩んだ結果こちらになりました

X100Fも持って行きたかったのですが荷物の多さや使用頻度を考えると今回は残念ながらお留守番に

持っていくレンズはXF10-24, XF35f2, XF50f2, XC50-230の四本になりました

正直単焦点23mmが欲しいのですが今回は仕方ありません

けっこう大きいインナーバッグなのでこんぐらいの量ならボディ・レンズ共に大丈夫です

ただ問題は現地でのレンズ交換はどうするのかという話

本来ならカメラ二台使って快適な写真ライフにするのでしょうが、旅としては快適とは言えなそうなので

HAKUBAのKLP-SF9013にXF35とXF50をピッタリ入れられるのでこれを活用します

HAKUBA ソフトレンズポーチ たて開き 90-130 KLP-SF9013

HAKUBA ソフトレンズポーチ たて開き 90-130 KLP-SF9013

 

 

レンズポーチをアルミカタビラでバッグと繋げば快適にレンズ交換ができそうです

機械類

結構かさばってしまう機械類です

 

PCはGole1なので以前よりは軽くなったのですが、なにせ4週間近く旅行するので写真の容量が馬鹿になりません

なので外付けHDDを1TBと500GBの2つ持っていかなければなりません...最初から2TB買っておけば...

計算してみると一日当り1000枚ちょっとしか撮れなそうなので考えて撮影していこうと思います

 

その他には、ヨーロッパ用に変換Cコンセントプラグ、カードリーダー、Cheeroのモバイルバッテリー、

iShaveの髭剃りなどなど旅には欠かせないものばかりです

 

SIMカード Three 12GB

ちなみにですが下にあるカードみたいなものは現地で使うSIMカードで12GBも使用することができます

ヨーロッパ周遊では欠かせない上に日本にいる時点でAmazonで買えるのは安心ですね 

 

あとは種類ことに包んで

まとめてしまえば安心です

生活品類など

少ないながら旅行を支えてくれるグッズ達です

耳栓も紐がついていたほうが無くしにくいので長期旅行にはよさそうです

 

その他にはドミトリーを使うので服をかけたりなどに使えるS字フックや四桁の南京錠、

小さく嵩張らない爪切りやホテルで過ごすためのルームシューズなど軽いものを揃えました

 

下にあるおにぎりみたいなのは折りたたみリュックです

500円ほどで購入したので品質はあまり良くないですが軽くどっかに行くときや

ホテルにしまっておく用に使えるので使用する頻度は中々に高そうです

カメラのインナーバッグも入ります

 

最後はこちらmizunoのスイムタオル

今はこんなにカチカチになってしまっていますが、それもこの異常なまでの吸収力と乾燥力は凄いです

荷物が多い旅ではバスタオルのかわりにスイムタオルを持っていけば大丈夫だと思います

衣服類

私のパンツなどグロテスク要素が含まれたので写真はカット

基本的には3日過ごせるように下着・靴下・シャツを3着揃えてズボンは2着と言った感じです

寒さに備えて軽いマウンテンパーカーも一つ持っていくので少し他の人より多いかもしれません

向こうで洗濯をしなければならなくなると思うのですが未体験なのが不安です...

 

その他

財布はいつも使っているWildswansのKF003とLastcropsのがま口を札・カード用とコイン用で分けます 

時計はチープカシオというお粗末な時計です...まぁ旅だしいい選択ですうん

 

それと今回は長旅を記録するためにトラベラーズノートを持っていきます

すぐにアナログで予定を確認するのにも起こった出来事を記録するのにも使えますからね

ローマで買ったコロッセオのアクセサリーは重いので外していきます

 

カード類

持っていくカード類は愛用のREXカード、ANA PASMO、Lifeカード、マネパカード、国際学生証の5枚です

 

Lifeカードの学生版ですと海外保険自動付帯、海外での利用で5%キャッシュバックなど最強のカードです

しかしJCBブランドなので中央ヨーロッパという地では最弱のカードとなるかもしれません

 

私が何よりオススメしたいのがマネパカードです

これだけで記事にできるぐらいには最高のカードなので海外旅行する方はぜひ調べてみることをオススメします

とにかく安く外貨に変えられるのでATMさえあれば敵なしです

 

それと、観光が高い場所ならISIC(国際学生証)が役に立つかもしれません

場所によっては入場料半額以下なんて場所もあるので身分証明も兼ねて、学生さんは持つことをオススメします

 

詰め込んだ結果

これらを詰め込んだ結果、こんなにでっぷり太りましたね。今にもはちきれんばかりです

元々そこまで大きなバッグではないので冬だったら不可能でしたね

 

横から見ても太いので間違いなく機内持ち込みは不可能ですね

 

重さは約9キロほどでなんとか10キロ以内に納められました

以前はPCがXPS13だったので10キロ越えてきつかったですが確実に楽になってます

これで思い切り走り回れそうです

 

最後に

写真旅なのにカメラを二台持っていかないという矛盾ぶりですがやはり旅に快適さは重要です

バックパッカーガチ勢と比べると無駄なものが多すぎですが初心者なので勘弁の程を...

 

にしても荷造りは楽しいですね

旅の前というのはいつになってもワクワクするものです...

 

 

それでは