私が一人旅で心がけていること5つ

 


 

どうもこんばんは

私はよく一人旅をするのですがその度に気をつけていることやこうした方がよかったなー…などなど多くあります

自分でもそこはあやふやなところですので個人的にやっていることをまとめる感じで記事にしてみようかと思います

 

1. 計画は効率的に余裕を持って

何をするにもまずは計画からです

ただ詰めすぎるのも良くないけどダラダラなのも良くない

そこで流れをまとめてみる

 

1 旅行日数を決める

2 行きたいところを決める

絶対に行きたいところを決め、それ以外は時間と相談で取捨選択。施設の時間を調べる

3 泊まるホテルは次の場所にとる(時間がない場合)

4 Evernote または google keepでオフライン管理する

5 シュミレーションしてみる

などなどですかね

 

時間がない場合は夜の内に次の都市に移動して、朝早くから行動開始するのが鉄板ですね

何事も一回はシュミレーションしてみるのがいいです

 

そして何より計画というもの成せる技があります

海外に一人旅する時に不安なのが言語、コミュニケーションです

でも計画をしっかりしていれば話す場面も抑えられます。国内でも旅行中はそこまで話しませんしね

 

2. 旅行でも息抜きは必要

旅行は日常からの息抜きですが、旅行旅行では疲れてしまします

息抜きの旅行から更に息抜きしてリラックスするのも手です

 

私なんかは心の支えになるものなんか持っていきます

動画や写真、どれも旅というものを支えて冒険欲を駆り立ててくれるものを持っていきます

日常から逃げてきたのに旅行に追われたんじゃ話になりません、休みましょう。

 

3. 移動だけは綿密に

「キツキツになるからきっちり計画するのは嫌だ!」そんな人も多いとは思います

確かに気持ちはわかります。私なんかは心配性だから一応確認しているだけで本来だったらそんなに考えたくありません

 

それでも、それでも移動だけはきっちり計画するべきだと思います

ある施設に入れなくたって、食べたかったお店に入れなくたって死ぬわけではありません

ただ、ミスして移動ができなかったら死にかねません

 

計画が嫌いであっても次の都市・ホテルまで移動する手段だけは抑えておきましょう

そこを把握しておけば最悪死にませんから

 

4. 特定の音楽・フレグランスをつける

私はセンチメンタル男子なので過去の記憶に浸るのが大好きな女々しいやつです

旅を通して記憶がふっと浮かんでくるのが音楽と匂いでした

 

旅を計画している時に、その時にハマっている音楽をリピートする・現地でも何度か聞く

特定のフレグランスを旅行中だけつけてたまに思い出すようにするということをやってます

 

私としては思い出すことも旅の醍醐味だと思っています

イタリアではARIAの曲、フィレンツェではほのかな香水を購入して今でもたまに感傷に浸ってます

なかなかに良いものですよ

 

ちなみに中央ヨーロッパ旅では別野加奈さんと得田真裕さんの「違う自分になりたい」ばかり聴いてます

 

5. 自分と対話する 

 一人旅の一番の醍醐味はこれです

多人数の旅行では味わえない、自分の中に浮き上がってくる感情と向き合うことです

なぜ自分はこんなことをしているんだろう、そういえばあんなことあったななんて気持ちが湧き上がってきた時にそれをじっくり考えてみるのも旅というものだと思います

 

それに加えて、そこにいる人々に注目してみるのも面白いです

どんな生活をしているのか、この場所にどんな歴史があったのか、どんなことが起こっていたのだろうか、もし自分がここに生まれていたらなどなど考えることは沢山あります

 

心に余裕があるからこそできることでもあると思うので考えてみるのも面白いですね

 

 最後に

ずいぶん女々しい内容でしたがいかがでしたでしょうか

旅を楽しむスタイルは人それぞれなので、私みたいな楽しみ方をしている人も多くいるかもしれませんね

 

旅行では余裕を持つことが肝要です。これだけを守っていれば冷静に立ち回れます

皆さん良い旅を

 

 

それでは