京都祗園の町並みをぶらり撮り歩き


どうもこんばんは

京都の楽しみといえばカメラを持ってぶらり町並みを歩くことかなと私は勝手に考えています。芸者さんが歩くような花路は京都に4つほどあるので付近の観光地いくついでにぷらーっといくのもいいですね

 

そんなわけで少し祇園から外れてるエリアの写真もかなりありますが多めに見てやってください

 

 

祗園街歩き

いちばん有名なのはやはり建仁寺近くの花見小路なのかなと。古来から祇園社からここまではメインストリートでしたので

 

祇園社の上にはよく撮影がされているほど有名な行者橋。明治期にかけられた臨時の渡月橋のような小ささです

 

東大路通の脇道には魅力的な細道が多々あります。室外機でボワボワしていますが

 

鴨川の夕暮れがセンチメンタルでした。ただ夜になると一部は風俗街のようになるのがねぇ

 

そういえば舞妓さんは今回の旅で全く見ませんでしたね。仮装は何回かありましたが本物は一度だけ

 

そういえば先斗町は電柱地中化をようやく開始したらしいです。昔は二年坂周辺も電柱まみれだったような

さいごに

若干作られたもの感が否めないですがそれを承知の上で撮り歩くのもけっこう楽しいです

祗園といっても雑居ビルと入り混じっててそれがウケたりすることもあるそうですが私には理解しかねますね

もしかしたら失くなるかもしれない町並みをとりあえず写真に残していくのが大切...

 

 

それでは